2018年6月20日水曜日

どこまでも心が沈んでゆく時は…


大地震が発生し、大雨も心配されています。

それに加えて、何か個人的なお悩みで、
気分が重く沈んでいる方も、たくさんおられることでしょう。

私にも経験がありますが、気分が落ちていく時は、
何とか上げようとして自分を励ましてみたり、
気分転換しようとしたりしても、
なかなかうまくいかないものです。

セッションルームでは、
お会いするクライアントの方に、
ヒプノセラピーなり、ヒーリングなりをさせていただいたうえで、
お一人で出来ることを提案することがあります。

何か楽しいことや快いことを考えてみては…とか、
不安でいっぱいになったら、
それを感じてから、いったんストップして、
深呼吸してみるのもいいかもしれません…など。

そう言われたからといって、
簡単に出来るものではないことは、
よく理解しているつもりです。

それでも、あえてそうした提案をするのには、
理由があります。

カウンセリング、ヒプノセラピー、多次元セラピー、
ヒーリングなどのセッションの時間枠の中で、
私は、出来る限りのことをさせていただき、
その成果は直ちに、またはゆっくりと、
受け取っていただけると確信しているのですが、

もしもそこにご自分でも行えるセルフヒーリングを加えたならば、
癒しと変容は、いっそう大きく、確実で速いものとなるはずです。

全てのヒーリング(癒し)は、セルフヒーリングであると言われます。

ヒーラーがヒーリングをした時、
受ける方がそれをご自分で受け取らないと、
癒しは起こらないのです。

それがどれほど巧みでパワフルなヒーリングであったとしても、
ヒーリングを受ける方が、
ご自分を癒す意図を持ち、癒しと変容を受け入れない限り、
良い結果にはつながりません。

セッションにお越しになるのは、
いろいろやってみたものの、ほかに手立てが見つからず、
セラピスト・ヒーラーのサポートを求めてのことだと思います。

そうであっても、セラピーやヒーリングのセッションを補い、
増幅し、最大限にするために
していただけることはあるのです。

さて、話をもとに戻しまして、
そのまま、その状態に居続けるのではなく、
お一人で行えるワークを使って解放されることをお勧めしていますが、

もしもどうしてもそれが難しい場合には、
何も考えないこと。

頭を使わないで、五感の感覚を使ってみてはいかがでしょうか?

感覚とは、その瞬間のお部屋の空気、気温、風の流れ、
見て美しいと感じること、食べておいしいと感じること、
耳に心地よい音楽、体を動かす時の身体感覚、
心地よい香りなどです。

思考、感情がストレスを受けて傷ついている時、
感覚は、意識を「今、ここ」に戻すのに役立ちます。

「今、ここ」にいると、
過去の嫌な出来事はここにはありませんし、
未来に起こり得る不安や心配事もありません。

余計な思考や感情を持たなくて済むでしょう。

ご自分流のストレス解消法として、
眠ってしまうという方法を使っている方もあります。

睡眠もまた、頭と心を休めるための良い方法だと思います。
もちろん、体も休まります。

睡眠中は、自己治癒力がはたらきやすくなり、
潜在意識の癒しのパワー、
夢によるリカバリーともつながるでしょう。

ほかにも、その方に合うユニークなやり方が
あるかもしれません。

暗く落ち込ませる思考や、自己否定的な想念、
過去や未来の苦しみを、今、ここに持ってくることがないように、
ご自分に合った方法を、
ぜひ使ってみていただければと思います。

最後までお読みくださり、有難うございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿