2019年11月25日月曜日

自分のものではない不調和なエネルギー


エネルギーといえば、石油、ガス、限りある資源、再生可能…
といった言葉が連想されます。

けれども今日、お伝えするエネルギーは、
燃料や資源のことではありません。

旅先のホテルや観光スポットなどで、
何となく落ち着かない…   冷たい感じ…
ちょっと嫌な感じがする…といった体験があるでしょうか?

特定の人物を前にした時にも、同様な感覚が湧いてくることがあります。

感じ方には、個人差があり、どんな場所でも、どんな相手でも、
何も感じない、平気だという方もありますし、
感受性が鋭く、違和感を覚えやすい方もあるでしょう。

こんな時に感じられるのが、エネルギーです。

その場所() が持っていたり、強く発していたりする、
目には見えない感触と言ってもよいでしょう。

目には見えない領域のことですので、
そんなものはあるはずがない…とおっしゃる方も少なくないと思いますが、
感受性の鋭い方々にとっては、
目に見えて、手で触れられるほどリアルなものなのです。

このようにお伝えしていくと、幽霊とか霊魂といった方向に
想像が及ぶかもしれないのですが、
人格を具えていたり、個人を特定できたりするほどではない、
もっと幅広く、どこにでもある「気」ということで
考えていただければと思います。

たとえば、クリスマスでにぎわう街に漂うワクワクや晴れやかな雰囲気、
山頂で眺める初日の出の荘厳さ…などを思い浮かべてみて下さい。

このようなエネルギーでしたら、日常、至る場面に存在しています。

エンパスやHSPなど、エネルギー感受性が高い方々は、
お部屋や電車の車両などの物理的な環境と同時に、
エネルギー的な気の環境にも取り囲まれ、
常にエネルギーの動きを感知しながら生活していると言えます。

さて、そのエネルギーですが、
調和的なエネルギー、気分を揚げてくれるエネルギーもあれば、
不調和なエネルギー、鬱々とさせたり、怒りをかき立てたり、
居心地悪く感じさせたりするエネルギーもあります。

この点については、物理的な環境と全く同じです。

整然と片づけられ、お掃除が行き届いた部屋と、
そうではない部屋を比べてみたら、よく分かると思います。

そして、ここからが問題となるのですが、
場所や人間が発する不調和な「気」・「エネルギー」が、
それをキャッチした人に、否定的な影響を与え、
心身の不調の原因となることがあります。

これは、想像で書いていることではなく、
これまでの実際のセッションで、幾度となく起こっていることです。

最も身近な例を挙げてみますと、
たとえば、お父様が不治のご病気で闘病中である時、
看病を続けている娘さんに、心身の不調が起こることがあります。

身体的な疲れや心労は、もちろんあるわけですが、
実はそれだけではありません。

お父様が感じておられる痛み、違和感、苦痛、
絶望、悲観、悲しみなどと同じ感覚・感情が、
看病されている娘さんの中に生じているのです。

それは娘さんの感覚・感情ではなく、
お父様の感覚・感情を受け取ってしまっている、
あるいは引き受けているということになります。

何とか回復して欲しい、苦しみを和らげてあげたい、
出来ることなら自分が代わってあげたい…と思う愛情や共感、
思いやりなどによって、自ら進んで引き受けてしまうことは、
皆さんが想像している以上によく起こっていることです。

この場合、ご本人は、無意識にされていますので、
他者の苦しみを引き受けてしまっていることに気付いていません。

そして、なぜこれほど体調がすぐれないのか、
悲しみや絶望を覚えてしまうのかがわからず、不可解に感じています。

お父様のほうに何も落ち度はないことは、言うまでもないことです。

こうしたことは、家族や恋人など
親密な関係性の中だけで起こるとは限りません。

事件や事故、災害などのニュースを見聞きした人が、
自分のことのように感情移入をして、
無意識のうちに被害者・犠牲者の方のエネルギーを受け取っていたり、
同調して引き受けていたりすることがあります。

東日本大震災の時に、「共感疲れ」という言葉がありましたが、
これも単なる心理的な反応だけではないのです。

メディアを通じて、被災された方々の悲嘆のエネルギーに何度も接触したり、
そうしたエネルギーに浸食され、影響を受け続けているような状態です。

エネルギーに敏感な方の場合、
消耗感や衰弱や悲嘆などで、家事や仕事が手につかなくなり、
日常生活に支障をきたすことすらあるのです。

こうなってしまった時、心理カウンセリングなどを受けて、
徐々によくなられていかれたら良いのですが、
そうでない場合には、どうしたら良いでしょうか?

エネルギーに敏感な方は、
人や場所、出来事などにまつわるエネルギーの作用について知り、
よく理解することが必要だと私は思います。

他者からの不調和なエネルギーが、
ご自分に作用していることに気付くことができたならば、
次はそれに対処する術を身に付け、適切に使うことで、
不調和なエネルギーを解放することが出来ます。

また、日頃から、
自分のものではない不調和なエネルギーの影響を受けないように、
身を守る方法を知っておくことが役立つでしょう。

まとめると、次の2点になります。

. ご自分のものではない不調和なエネルギーを解放すること
. 不調和なエネルギーから影響を受けないように、ご自分を守ること


こうしたエネルギーワークの技術を用いて、
クライアントの方の心身の不調を癒し、
否定的なエネルギーを解放していきます。

深刻な不調があるような時には、
プロのエネルギーヒーラーのセッションを受けることが
近道となる場合がありますが、
もっと日常的なメンテナンスとしては、
ご自分で解放やプロテクションが出来たら良いと思います。

私は、日常のオーラの浄化とプロテクションについて、
ワンデイセミナーでお伝えしています。

エネルギーの作用について理解し、
ちょっとしたコツを会得すれば、
簡単なエネルギーワークは、どなたでも出来るようになります。

他者からの不調和なエネルギーの影響下にある場合、
さまざまな否定的影響を受けることとなってしまいます。

ご自分のものではない苦しみや悲嘆を引き受けてしまって、
大切な人生を、本来とは異なる方向へ歪め、変質させられることなど
あってよいはずがありません。

最近、なぜか不調に陥っている…という方は、
ぜひ一度、ご自分のものではないエネルギーの作用と、
他者から受けてしまう否定的な影響の可能性について、
思い出していただければと思います。

自分のものではない不調和なエネルギー

エネルギーといえば、石油、ガス、限りある資源、再生可能… といった言葉が連想されます。 けれども今日、お伝えするエネルギーは、 燃料や資源のことではありません。 旅先のホテルや観光スポットなどで、 何となく落ち着かない…   冷たい感じ… ちょ...